1. HOME
  2. 下着のメンテナンスや捨て時、知っていますか?

下着のメンテナンスや捨て時、知っていますか?

by kokode beauty 編集部2020.04.02

HERS

何かと忙しい毎日、ニットやブラウスは自宅で丁寧にケアしながら洗うけれど、下着にまでは手が回らないというのが現実。ふと気づいたら何年も同じものを使っているけれど、 捨て時がわからない、どうケアすればいいの? など初歩段階からわからない人も多いはず。そこで、下着のプロに替え時を教わりました。

*****

「下着は自分の肌のように扱い、長持ちをさせるためにも手洗いがベストです。ワイヤーなどスタイルアップに貢献するパーツはたくさんあり、そこが変型していれば捨て時。手洗いケアをしていたら、ブラだと数年はもつと言われています。またショーツは少しでもゴムが緩んできたら劣化の証拠」(下着美容研究家 湯浅美和子さん)

「傷んだ下着をつけていると、どうしても体に負担がかかりがち。ワイヤーが当たって痣になる、肩紐がズレ落ちるなど、不快感にも繋がるので、サイズチェックとともに小まめに入れ替えるのが理想です。裏側を見て、タグのヨレ・色褪せがあれば替え時です」(マ・ランジェリー伊勢丹新宿本店 ランジェリーコンシェルジュ 鎌田睦美さん)

*****

ワイヤー、生地の緩み、タグのヨレが替え時の合図

同じ色、同じアイテムの1シーズン使用後と新品のもの。新品のものと比べてアンダーのヨレ、タグのヨレと色褪せ、色も真っ白からオフホワイトに変色しています。アンダー部分のゴムの緩みも気になるところ。ブラホックの手前から使い 始めて、緩んできたら随時、変えていくようにします。収納時はカップの張りがへたらないように、カップ部分をつぶさず収納しましょう。

使用前と使用後では こんなにワイヤーのゆがみが。
使い続けると、胸の下がりに 影響する可能性もあります


内蔵されているワイヤーは洗濯すればするだけ少しずつ劣化するもの。ワイヤーが当たって痛いという場合、変形している可能性大。見た目にわからなくても指で触って軋みやゆがみがあったら捨て時です。

その日の体調、体重の変化に応じて アンダーサイズを調整できるアジャスターが便利

「ジョイントホック」と呼ばれているブラのアジャスター。下着売場や通販で簡単に購入可能。カップはちょうどいいのに、アンダーがきつく感じる場合に縫う手間もなく、ブラのホックに引っ掛けるだけで、調節可能な便利アイテム。「世代特有 のむくみや体調不良によっては圧迫感を強く感じる日があるもの。『ジョイントホック』を上手に使って、日々の体調を乗り切る工夫もできます」(湯浅さん)。

ブラの洗濯は、円柱状のネットにねじらず 沿わせるように配置すると長持ちする

「総レース素材の繊細なブラやショーツはもちろんですが、基本的には手洗いがお勧め。洗濯機で洗う場合、ランジェリーコースやドライコースなどに設定し、目の細かいネットの内側に沿うようにブラを入れてワイヤー部分を傷ませない洗い方をショーツはブラほど繊細ではないので、ネット洗いでケアします。1枚のブラに対し、2枚のショーツを用意。5~7枚のブラがあるのが理想です」(鎌田さん)。

▶︎教えてくれたのは……

下着美容研究家 湯浅美和子さん
下着のおかげで自身のボディスタイルが劇的に整ったことからNBF認定インティメイトアドバイザーの資格を取得。モデルや女優など美に敏感な女性のボディメイクも担当。1,000人のおっぱいを触ったアナウンサー兼下着美容研究家。

マ・ランジェリー伊勢丹新宿本店 ランジェリーコンシェルジュ 鎌田睦美さん
伊勢丹新宿本店本館3階にあるランジェリー売場「マ・ランジェリー」のランジェリーコンシェルジュ。トップスタイリスト「エバーグリーン」として約8万人の中から選出される。

 

『HERS』2020年3月号 「心地よく 体を整える 大人の下着」より
撮影/坂根綾子 スタイリング/鈴木仁美 イラスト/吉岡香織〈asterisk-agency〉 取材/金沢由紀子

kokode beauty 編集部

光文社が展開する雑誌のビューティー記事を中心にここでしか見れないトレンドネタやワンポイントアドバイスを配信。

ランキング

RANKING
OFFICIAL SITE

↑ Page Top