1. HOME
  2. ヘア・メーク森さんの美容読本[ステムボーテ編]

ヘア・メーク森さんの美容読本[ステムボーテ編]

by kokode beauty 編集部2020.05.24

kokode Beauty(オリジナル)

令和は“再生”の時代です
ヘア・メーク森さんの美容読本

「令和の美容は“再生”がキーワード」という森さん。そんな森さんが使って、最も効果があると感じている“ヒト幹細胞培養液”とは? また再生との関連性、私たちに必要な理由を教えてもらいました。

森ユキオさん
ROI主宰。雑誌やWEBメディアなど、第一線で活躍し続けるヘア・メークアップアーティスト。デビューから25年経った今もなお、年間約400本、延べ1万回以上の撮影をこなす凄腕。女優やモデルからの支持も厚く、「森さんが言うなら間違いない!」と取り入れる森信者が続々と増加中。 

 

|PICK UP ITEM|

「ステムボーテ」のヒト幹細胞培養液で肌のターンオーバーを本来の周期に戻す!

「近年のスキンケアの中で最も美肌に近づけてくれる成分のひとつ」と森さんが確信しているヒト幹細胞培養液。「美肌へと導くターンオーバーを促進させる司令塔が入っているような成分です。ただ最近の幹細胞コスメは少しだけ培養液を入れただけで効かないものが多いなかコレだけは違う!」と森さん。ヒト幹細胞培養液を効果的な濃度で配合し、肌本来の力を発揮できるよう細胞レベルで働きかけてくれます。

[StemBeaute]face&bodylotion (フェイスアンドボディローション)
13,241(tax in)

 

 

あなたのスキンケア肌再生力は?

こんな人は美肌から遠ざかっているかも……


□シワやシミをなくすケアに目がない
□トレンドの美容絵成分は手当たり次第チェック
□こっくりしたテクスチャーのものを塗るとイキイキした肌になったと
感じる



「スキンケアでは濃厚なものを塗れば肌が若返るという感覚は捨ててください。さらっとしたテクスチャーでも納得いくものはあります。美容は科学です。『なんとなく良いかも』ではなく、ぜひ知識を身につけてください。科学に基づいたケアをすれば若々しい美しい肌でいられます。使わなくなるものを買わなくなりますし、本当に効くものならブームで終わることはありませんよ!」(森さん)

 

美肌のためにシワやシミを消すことは根本的解決ではない

「表面のシワやシミを消しても老化は止まりません。美肌に欠かせない透明感、潤い、ハリ・ツヤはターンオーバーを本来の28日周期に戻すことで手に入ります。シワやシミも気にならなくなりますよ。美肌のためには常に新しい肌に『再生』していく力が必要です」(森さん)

 

洗顔後、まっさらな肌に一番に塗る

「ターンオーバーの司令塔になるヒト幹細胞培養液が一番効果を発揮するのは、何も塗っていない肌に塗ること。ブースターや他のアイテムは一度お休みして、ヒト幹細胞培養液に変えたらわかるはず! 手当たり次第に色々試すのは、永遠にダイエットしているのと一緒ですよ」(森さん)

 

3さらっとしているから効果がない、なんて大間違い!

「シワが気になったり、ハリがなくなったりすると濃厚なテクスチャーを塗りたくなりますが、それでは老化のスピードは止まりません。肌の調子が良くなったと思うのは思い込みかも。お風呂上がりにヒト幹細胞培養液を1つ付けておけば良いんです。体にも使えますよ」(森さん)

|FOR BODY|


「顔だけでなく、体の年齢が出やすいパーツもケアが大事。ステムボーテなら一緒に使えるので全身若々しくいられます。お風呂上がりにひじやひざ、首、おしりなど気になるところに塗りましょう。体の皮膚もターンオーバーを促せるので、気になる黒ずみがなくなりますよ」(森さん)


|RECOMMEND ITEMS|

まずは試したい!と言う人におすすめのフェイスサイズ

 初めて使うなら、80mlのフェイスサイズから。他のスキンケアより高価格に感じるけれど、これ1本でケア完了だから意外とコスパは優秀! 「透明感も数日でわかるはず」と森さんも絶賛。

[StemBeaute]facesizelotion (フェイスサイズローション)
8,657(tax in)

一緒に使えば相乗効果! 美顔器NEWAとのお得なセット

ステムボーテもNEWAも確かなエビデンスがあるのが、森さんが自信を持っておすすめする所以。小顔美顔器として君臨しているNEWAをステムボーテと一緒に使えば、肌は引き締まりどんどん美肌へ。 

【セレST限定セット】[BEAUTELLIGENCE]NEWAリフト プラス
75,680(tax in)

撮影/藤澤由加(人物)、Kevin  Chan(静物)ともにSTORY2019年3月号、美ST2019年4月号「セレSTORY」より 取材/植木麻利子  

kokode beauty 編集部

光文社が展開する雑誌のビューティー記事を中心にここでしか見れないトレンドネタやワンポイントアドバイスを配信。

ランキング

RANKING
OFFICIAL SITE

↑ Page Top