1. HOME
  2. 寝るだけで若返りを可能にする、夢の枕が登場!

寝るだけで若返りを可能にする、夢の枕が登場!

by 轟木 あずさ2016.03.08

kokode Beauty(オリジナル)

突然ですが、みなさんは毎日、良く眠れていますか?私は、眠っても眠っても足りない感じが。しかも、気がつけば大あくびを連発しちゃったり。けっして睡眠時間が短いわけではないんですけどね。みなさんの中にもそう感じている人いらっしゃるのでは!? そこで今回は、毎朝、気持ちよく目覚められるヒントをお届けします!

 朝起きた顔は、

昨日より若返っていますか!?

ぐっすり眠れた翌朝って、肌はツヤツヤしているし、身体もシャキってしませんか? 自分が思っている以上に、睡眠て大事。

昔からよく「寝る子は育つ」と言われているけれど、これって意外と真実なんです。というのも、睡眠は脳の代謝量を低下させて脳を休ませ、脳の疲労回復を行い、メラトニンなどのホルモンや免役物質を分泌。なかでも成長ホルモンは、新陳代謝を高めるために必要なもの。これが欠如すると、たちまち肌の新陳代謝が悪くなり、さらには疲れやすくなるなどのマイナスが。しかも、太りやすくなるというから、コワイ!

睡眠不足が続くと交感神経が優位になり、腸などの動きも鈍く。結果、便秘がちにもなってしまうというから、繰り返しますが、美しくなりたいなら、まずは質のいい睡眠をたっぷりとることが重要なのです。

快眠はまくらから。

肩凝りや不眠のもとはまくらにあった!

不眠の解消法によく挙げられるのが、「まくらを替えたら、ぐっすり眠れるようになった」というもの。合わないまくらは、不眠だけでなく、頭痛や肩こり、いびきなどの原因になるとも言われていますよね。

まくらは頭にだけするものではなく、肩から当てるのが正解。まくらが肩口にあたるぐらいの位置にすれば後頭部から首筋にかけての全体で頭部を支えることができます。頭だけに当てると余計な負担がかかり、肩こりの原因にもなるんです。

そこで、今回ご紹介したいのが、寝るだけで若返りを可能するというビューティ枕「Cure:Re(キュアレ)」

枕に

ビューティ枕「Cure:Re」(キュアレ)¥30,000

 ■クワトロハート http://www.quattroheart.com/

そもそもこの枕、プロの整体師が首、そう頚椎に行う手技を再現するため三段構造になっていて、頸椎に負担をかけない設計。肩からしっかり枕にのせて、寝ることで頭部と肩を支え、頸椎部をリラックスさせゆがみを解消。寝ているだけで体のバランスがリセットされ、巻き肩やむくみの改善にも。

一見、普通の枕となにも変わらないのに、これで10分寝るだけで

ウエストにくびれができる

肩こり、腰痛がなくなる

むくみがとれる

など、まるで整体を受けたような跡のような嬉しい効果が。

これ、何かの通販番組のように聞こえるでしょ。文字にするとウソっぽくなるからぜひ、実際に体験したていただきたい!

私の場合は、産後のガチガチだった身体がすっきり。上がらない腕がひょいと上がり、回らなかった肩がゆるゆると。しまいには、授乳中で垂れ下がったバストが上がってる〜!!!

ただ枕を使って横になっているだけなので、ちょっと信じられないんだけど。これね、すべて実話。

産後の、ボロボロのママたちも骨盤矯正に行かなくても、身体が楽になります!もちろん、産後の人だけじゃなく、妊娠中の人や、なにかしらじっくり寝れない、寝ても疲れが取れないって人すべての人におすすめー!

さらに…

☑朝から疲れている

☑起きると肩がこっていたり、腰が痛い

☑夜中に目が覚める

☑頭痛で目が覚める

☑不眠症気味だ

上記の項目にひとつでも心当たりがある人は、試す価値は大!

そしておまけ情報ですが……、不眠を解消するといわれている食材があるんです。

意外にも、それは身近な食べ物レタス。

芯の部分を切るとにじみでる白い汁、この苦み成分に睡眠誘導ホルモンのメラトニン、セロトニンと同じ働きをする成分“ラクッコピコリン”が含まれているそう。しかも即効性があり、約30分で脳に達するととか。

また快適な眠りのためにベッドカバーなどの色も影響。いい眠りの環境は、その人が目指すものや悩んでいる状況によって違うようですが、

例えば、身体的にすごく疲れているなら、グリーン系。

精神的にさみしくなったり、ホルモン系のバランスが乱れがちな人はベビーピンクにすると安心して眠りにつけるとか。

水色は高ぶった心を落ち着かせ、人間関係に疲れている人にもおすすめ。

寝室のアイテムの色をすべて変えるのは大変なので、まずはまくらカバーやパジャマの色を変えるだけでもOK。ぐっしり心地よい眠りを望んでいる人は、ぜひ色のパワーも取り入れて。

轟木 あずさ

美容専門誌を中心に、女性誌やWEBなどで美容記事を執筆。スキンケアからメイク、体験ものまで守備範囲は広い。プライベートでは1歳の女の子のママとしての顔も。

ランキング

RANKING
OFFICIAL SITE

↑ Page Top