1. HOME
  2. ツボクサエキス100%と高配合!【SKIN1004】の超高濃度鎮静アンプルが良かった♡

ツボクサエキス100%と高配合!【SKIN1004】の超高濃度鎮静アンプルが良かった♡

by 角田 枝里香2021.10.16

kokode Beauty(オリジナル)

こんにちは!ライターの角田です。
最近あまりなじみのない韓国美容ブランドの商品をいろいろと試しています。今回はネットサーフィンをしていてたまたま見つけた「SKIN1004」というブランドの商品を紹介します。

➖購入の決め手は?
まず、「ツボクサエキス100%」という濃度の高さが気になりました。
植物性原液を100%使用していることで有名の韓国スキンケアブランド「ONE THING」が日本にも上陸したことにより
有効成分をそのまま贅沢に使用していて、コスパが良い商品に注目が高まっています。

そして購入のもうひとつの決め手が「お値段」
楽天市場で購入したところ「1,602円」でした。アンプルって3,000円以上の価格帯が私の思う平均価格。55ml入ってこのお値段で効果が高いならきっとお得!と即ポチ。

➖「 SKIN1004」ってどんなブランド?

韓国のオフィシャルインスタグラム(@skin1004_korea)ではクリーンな世界観が映し出されています。
「SKIN 1004」は化粧品製造、品質経営システム、環境経営システム、優秀化粧品、肌刺激テストという5つの製造基準をクリアし、全商品の安全性を立証する韓国の低刺激スキンケアブランド。韓国だけでなくアメリカをはじめ、世界10か国以上で愛されているそうです。どのプロダクトのパッケージもシンプルで素敵なデザインが特徴です。
(ちなみに1004は「ワンオーフォーフォー」と読みます)

➖ 購入したのが「CENTELLA AMPOULE」

私が購入したのは「CENTELLA AMPOULE」というマダガスカル産センテラアジアンチカ(別名ツボクサエキス)100%の鎮静アンプル人の手が加わっていない、大自然で育った(つまりは生命力が強い?)センテラアジアンチカ(ツボクサエキス)が潤沢に配合されています。

➖ CENTELLA AMPOULEのテクスチャーは?

透明感のある茶色の美容液で、無臭です。
日本でも注目度の高い「肌鎮静アンプル」ですが、他のアンプルと比べてもさらりとした使い心地が特徴。トナーに近い自然なテクスチャー。ベタつくのが苦手な方にも使いやすいはず。
さらっとしているのに、肌に伸ばすとしっとり&もっちりするのが不思議。

➖ CENTELLA AMPOULEの使い方は?

ブースター代わりに洗顔後すぐに使ったり、化粧水で肌を整えたあとにそのまま、またはコットンにたっぷり含ませてコットンパックとして
トナー感覚でさらっと使えるので、自分の好きな方法で楽しめます。
私は手持ちのブースターを薄めに伸ばして、すぐCENTELLA AMPOULEを2回レイヤードするのが好き。

➖ 気になる効果は?

・炎症を抑えて肌荒れを鎮静する
・肌荒れによる色素沈着を抑制する
・肌のバリア機能を高める
・自然成分で肌の水分、油分バランスをコントロールする
・肌を保湿し、柔らかくなったら肌に活力が与えられ、トーンアップする

というのが効果として挙げられます。
私は特に洗顔後赤みが気になるとき(特に小鼻周りの赤みがひどいので)使うように。
贅沢な使い方ですが、コットンにたっぷり含ませて5分ほどパックしたときは、顔のトーンが明るくなった印象でした。
そしてそのトーンアップ効果は翌朝まで持続
鎮静系美容液を使用した翌朝特有の「肌のキメが細かく整った感覚」を実感しました。

日本に本格的に上陸したらすぐに人気が出そうな予感!
このアンプル、コスパも良いのでたっぷりと使ってすぐリピートしたいと思います。超気に入りました!
そして同じシリーズの他のアイテムも気になるので、チェックしてみます。

➖ kokode Beautyで好評取り扱い中の鎮静系アイテムをご紹介♡



▲▲クリックすると商品の詳細がチェックできます♡

他にもkokode Beautyでは鎮静系スキンケアが人気です。合わせてチェックしてみてください。

※こちらの記事で紹介した「CENTELLA AMPOULE」は本人私物です。kokode、kokode Beautyでの取り扱いはありません。

角田 枝里香

ライター
大学在学中より14年間、「JJ」ライターとして活動。その他、新聞やwebメディアなどで韓国取材を担当。渡韓歴10年、渡韓回数は約40回。夫婦で韓国料理が大好き。
2019年6月よりCLASSY.ONLINEでも執筆をスタート。
Instagram:@kakutaerika@erika_tabemono(韓国料理専用アカウント)

ランキング

RANKING
OFFICIAL SITE

↑ Page Top