1. HOME
  2. =ベースメーク編=有名ヘアメークアーティスト直伝!「夏でも落ちないメーク」の秘密!

=ベースメーク編=有名ヘアメークアーティスト直伝!「夏でも落ちないメーク」の秘密!

by kokode beauty 編集部2016.06.10

CLASSY

前回、ヘアメークの二法田サトシさんに”夏でも落ちないメーク”の5ヶ条を教えてもらいました♡
本日はは実践編!ベースメークの落ちにくいメークのプロセスをご紹介しちゃいます。

6/9記事 夏でも落ちないメークの5ヶ条を見る>>

<Summer Base Make Point>
肌にしっかりとベースアイテムをフィットさせれば、崩れません
ベースメークが崩れる原因は、塗りすぎ。
たくさん重ねなくていいように下地できちんとカバーしてファンデーションは最小限にすること。

<今回使用するのはこのコスメ>
DMA-clata32305

1 透明感を高める化粧下地。
ピンクはくすみを飛ばしてくれます。コントロールベイスピンク SPF20 PA++¥2,800(イプサ)
2 日本人の肌色に合う。ディオールスキン ヌード グロウ フルイド SPF15¥6,000(パルファン・クリスチャン・ディオール)
3 大きすぎないチークブラシはTゾーンなどにも◎。
パウダーものはすべてコレで。エスト チークブラシ¥5,000(花王)
4 自然な艶を叶えるハイライトパウダー。プードル・グロウ No. 00¥7,000(パルファムジバンシイ)〈5/1数量限定発売〉
5 Tゾーン以外にはノンパールタイプを。スック ポア カバーリング パウダー¥4,000、コンパクト¥2,000(ともにSUQQU)

<プロセススタート!>

DMA-160323-0027

①まずは手のひらにピンクの下地を直径1㎝弱のパール粒分ほど出します。
これで全顔を補うと考えて。これ以上はつけすぎ!

DMA-160323-0032

②手のひらに出したピンクの下地を両手のひらになじませます。
ここで一度下地を手のひら全体になじませてから顔に塗布します。

DMA-160323-0035

③手のひら全体になじませたピンクの下地を化粧水を塗るように顔全体につけます。
手のひらで顔を押さえるようにつけて。

DMA-160323-0039

④手のひらや指先に残ったものをクマやくすみが目立つ目の下に重ねて。
これだけでも顔全体がぐっと明るくなることを実感。

DMA-160323-0043

⑤次にリキッドファンデーションを直径1センチほど出します。
手の甲に出すと塗りやすく、メークがしやすいのでおすすめ。

DMA-160323-0047

⑥まずは崩れやすい小鼻の横、目の下の三角ゾーンにリキッドファンデーションをのせていきます。
少量を指でつけていくこと。

DMA-160323-0053

⑦Tゾーン、あご先にもリキッドファンデーションをのせます。
先ほど手に出したものの残りを少量、軽く叩き込むようにのばして。

DMA-160323-0056

⑧まぶたと目の下には指先についている残りをのせます。
下地をつけたので、ごく少量のファンデーションだけで大丈夫!

DMA-160323-0062

⑨日焼けしやすい頬骨の高い位置にも手に残っているファンデーションを重ねます。
少量を重ねるだけで日焼け防止に。

DMA-160323-0060

⑩顔のアウトラインは、手のひらで顔を包み込むようにしてファンデーションをのせます。
肌に粗がないなら省いてもOK。

DMA-160323-0070

⑪お粉は明るさを出す部分と暗さを出す部分とで使い分け。
まずは4のパール入りのパウダーをTゾーンにブラシでのせます。

DMA-160323-0075

⑫同じく4のパール入りのパウダーをあご先にもブラシでのせます。
これで厚塗り感はないのに自然な立体感が出ます。

DMA-160323-0080

⑬仕上げに5のノンパールのパウダーを顔の両頬、顔のアウトラインにのせます。
肌のコンディションがいい人は省いてもOK。

夏は「崩れちゃうからしっかり塗らなきゃ!」そんな風に思っていた人も多いはず。
正しい量を使ってメークをすることで、メークヨレも軽減できるので、皆さんも試してみてね♡

撮影/当瀬真衣(TRIVAL)〈人物〉、河野 望〈静物〉 モデル/Atsuko へアメーク/二法田サトシ(faccie)スタイリング/大島 愛 デザイン/藤原千明 取材/棚田トモコ 編集/水澤 薫

kokode beauty 編集部

光文社が展開する雑誌のビューティー記事を中心にここでしか見れないトレンドネタやワンポイントアドバイスを配信。

ランキング

RANKING
OFFICIAL SITE

↑ Page Top