1. HOME
  2. ボディの日焼け、放置してない? リセットは今すぐ!

ボディの日焼け、放置してない? リセットは今すぐ!

by 柏谷 麻夕子2016.09.10

kokode Beauty(オリジナル)

海に山に、フェスに旅行にと、イベントが盛りだくさんの夏休みが終了!(チビっこや小中学生のママの皆さん、お疲れさまでした!)

ちょっとゆっくり寛ぎながら、夏越えしたボディや肌のメンテナンスをしたい頃ですね。特に首の後ろや背中の上のほう、デコルテ、腕や足の甲などは、日焼けで茶色くくすんでいるのでは。

R40の日焼けは、20〜30代と違って「時間がたてば自然に元通り」とはいきません。ほうっておくとシミが増えるばかりか、くすみが定着し、質感までもパサパサにしなびてしまいます。

ボディも顔と同じように、手厚いリセットケアが不可欠! というわけで WOVEクリニック中目黒の高瀬聡子先生に、方法を伺いました。

髙瀬 聡子先生

↑WOVEクリニック中目黒の高瀬聡子院長。モデルなみの美貌とスタイルをもち、2児のママでもある美女医。気さくな人柄と的確な診断&解説で、多くのメディアにも登場。自然療法にも詳しく、プロデュースするコスメ「アンプルール」は、最先端の皮膚科学と植物の知恵で「結果が出る」と評判!

 

まず毎日のボディケアでは、角質ケアを追加。

「メラニンをスムーズに排出するために、ピーリング作用のあるボディソープ類で洗いましょう。その後、ボディミルクなどでしっかり保湿をしましょう。美白作用のあるアイテムなら、日焼けリセットにより役立ちます」。

ポイントは肌をゴシゴシこすらないこと。こすると逆に刺激になり、色素沈着しやすいのです。スクラブ系のアイテムよりもピーリング成分入りのほうがベター。たっぷり泡立てて肌をなでるように洗います。

アプルール石けん箱入り

↑自然由来の発酵エキスや酵母成分が古い角質をクリアに。ハイドロキノン誘導体やヒアルロン酸、各種ビタミン、αリポ酸、プラセンタなど美肌成分がたっぷり! しっとりしなやかな肌に洗い上げるフェイス&ボディ用ソープ。アンプルール ブライトニングバー 80g ¥2,700/ハイサイド・コーポレーション

ファンケル美白&エイジングケア

↑とろーりコクのあるミルクでまろやかなボディ肌に。乾燥や肌あれを防ぎながらトラネキサム酸PTが美白する。リーズナブルでたっぷり使えるのも魅力!ボディミルク 美白&エイジングケア(医薬部外品)150g ¥1,200/ファンケル(9月16日発売)

 

さらに、サプリメント類で内側からもメラニン排出を掩護射撃を。

「基本は、メラニンを還元するビタミンC、抗酸化のビタミンE、細胞代謝を助けるLシステイン、メラニン抑制や抗炎症作用があるトラネキサム酸などです。これらはお互い補完し合うので、いっしょに摂ったほうが効果的です」。

Lシステインは細胞の代謝を助けるアミノ酸で、ターンオーバーをサポート。

トラネキサム酸は日焼けジミや加齢ジミのほか、女性ホルモンが関連する肝斑にも効果があるシミ改善成分。

トランシーノ2

↑トラネキサム酸、Lシステイン、ビタミンC誘導体などシミ改善に役立つ成分をバランスよく配合。女性ホルモン由来の肝斑にも8週間で結果が。トランシーノⅡ(医薬品)120錠 ¥3,400/第一三共ヘルスケア

ホワイトショットサプリ

↑筆者の押しはポーラ ホワイトショットのサプリ。薬効高いインドノキ由来のオリジナル成分「ブランノールEX」や、メロン由来の抗酸化成分などを組み合わせた美白サプリで、これを飲み続けて数ヶ月で腕のシミが薄く小さくなって経験が! ホワイトショット インナーロック IX 60粒 ¥6,696(税込み)/ポーラ

個人的に、顔よりもボディのほうが美白サプリの効果が出やすい実感。毎日続ければ、早い人では1〜2か月で透明感を感じるはず!

 

さらに消えにくいシミやくすみには、美容医療という手も。

「ボディの美白も、状態によってアプローチが分かれます。茶色っぽくくすんでごわごわした肌にはケミカルピーリング(2週間に1度ずつ)、広範囲の細かなシミにはフォトフェイシャル(2週間〜1か月おき に、5〜10回)、輪郭のはっきりした濃いシミにはYAGレーザー(1回で除去できるが、効果が実感できるのは3か月後ぐらい)といった具合。治療後は紫外線カットがマストなので、秋〜冬に始める人が多いですね」(高瀬先生)

 

いかがでしたか?

40代以降の肌はひと夏で確実にエイジングが進みます。ボディはケアするほどに見違えて輝くので、お手入れのしがいも大きいもの。

来夏も澄んだ肌で素敵にサマードレスを着こなすために、今すぐ日焼けリセットケアを始めましょう♪

柏谷 麻夕子

美容ライター。植物療法士、メノポーズ(更年期)カウンセラー等の資格をもち、スキンケア全般やインナーケア、オーガニックコスメなどの記事を、雑誌やweb、PR媒体などで執筆。アロマやハーブ、そして女性のからだの知識をいかし、イベントや講座も(ときたま)開催。1男2女の母で「毎日、1人運動会状態!」

ランキング

RANKING
OFFICIAL SITE

↑ Page Top